占いについての基礎知識

占いの基礎を学ぼう

占いとは昔からあるもので日本の占いは中国から伝わってきたと言われています。それからは中国で伝わってきた“亀ト(キボク)”というものが盛んになったそうです。そして占いを専門とする職業集団“卜部”というものが生まれました。それから自体が変わって飛鳥時代・・・その当時は陰陽師が誕生し長い歴史を刻みました。陰陽師は地相をみるという現在でいう“風水占い”が主流でした。

占いでわかること

占いと聞いて思い浮かべるのは未来のことが分かるという言葉・・・。
未来がはっきりと分かるということではなく、現状の要因や原因そして可能性についてが分かると言われています。タロットカードなどで出た結果で未来はこうなる!とわかったとしてもそれは現時点のままで行けばその結果になるということであって、進み方が違えば結果は変わってきます。
まとめると占いでは現在の状況・可能性などを知ることができるということです。

占いの種類を知ろう

占い師募集
占いには「命・卜・相」というものがあります。その他にも四柱推命・風水・姓名判断・気学九星・六星占術・0学占術など色々な種類があります。基本的にはこの「命・卜・相」の3つで分類されます。

  1. ・・・生年月日時で生まれ持った性格傾向や、相性、運勢の流れについて知ることができます。※命で出た結果は避けることができない。
  2. ・・・命は避けることができないと話しましたが卜は予知すれば避けることは可能です。出来事や事柄・心情を知ることができます。
  3. ・・・人の性格や運勢を導き出すことができます。相は手相・人相などである程度の先のことをみることもできます。

占いをする際にしておくこと

占いをしてもらうときに事前に用意をしておく

  • 自分の情報を用意する。
    占いをする際は生年月日などを使用することもあるので分かるようにメモしておきましょう。またもし相手との相性をみてもらう場合は相手の生年月日も用意しておくといいでしょう。
  • 相談・聞きたいことを箇条書きにしておく。
    いざ、占い師を目の前にしたときに上手く話せないと時間もお金ももったいないです。そんな時には箇条書きにしておいて相談する順番も決めておくといいでしょう。

占いをしてもらっている最中にしておくこと

占い師募集占い師の言葉をメモする
基本的にメモをすることはOKなところが多いです。録音機器がNGなところもあるので使用する前に聞くか、サイトを確認してみて下さい。